注文住宅を一戸建てで検討するなら考えておきたいこと

過去から知れる現在

一戸建て住宅の歴史を知ろう

一戸建て住宅の歴史はどのようになっているでしょうか。戦後日本は都心部を中心に住宅不足に悩まされました。都心部はほぼ焼け野原になっていましたが、生き残った人も多く、取り急ぎ住宅を確保することが大きな課題でした。 そこで、国は貧乏な人でも入居することができる公営住宅を増やしました。公営住宅は都心部を中心に結構な数ができたのです。 公営住宅ができたことにより住宅を供給され始めると、徐々に都心部に人が集まっていました。人が集まってきたことであなたの住宅を作る計画が出されたのです。それは、公団住宅です現在でも、大規模な公団が都心部になりますが当時の名残です。公団住宅が広がっていく一方で、日本の経済成長も上向きになってきました。これにより金銭面で余裕がある人が増えてきましたそこで、人々の中には一戸建て住宅を購入しようと考える人が増えたのです。

今後の住宅に関する流れ

一戸建て住宅は増加しましたが、好景気がずっと続くと思いきや、バブルが崩壊しやがて不況に陥ります。それとともに、少子高齢化が進み一戸建て住宅も空き家や住宅も増えてきました。新築一戸建て住宅の人気は以前ありましすが、その一方で中古住宅を購入する人も増えてきました。中古住宅は新築住宅を購入するよりも安く購入できるからです。 しかも、中古住宅をリフォームやリノベーションをすることで新築同様にすることができるのです。もちろん、住宅を支える木材が劣化している場合は耐震リフォームをする必要があります。 ただし、リフォームやリノベーションにも問題があって、新築住宅を購入するよりも高くなってしまう場合があります。こだわる部分にはこだわって、優先順位をつけてリフォームやでリノベーションをすれば無駄な出費がなくなるでしょう。