注文住宅を一戸建てで検討するなら考えておきたいこと

最新の設備に着目

住宅の歴史と進化の度合い

注文住宅というのは日々進化しています。というのも住宅に使用される設備が年々進化を遂げ、次々と新しい商品が登場しているのです。お風呂も数十年前はタイル張りでいっけんずつ現場で施工が行われていました。しかし今ではユニットバスが当たり前になっているのです。更にミストサウナや浴室暖房乾燥機など多くの機能を搭載したものも登場しています。 太陽光発電もここ十年程度で格段に高性能になりました。パネル自体も年々薄くなり最近では瓦一体型の太陽光パネルも登場しています。このように設備が高性能で新商品が次々と登場することで注文住宅の性能もどんどん向上しているのです。同じ建築会社で建築した注文住宅でも数年前の住宅と現在の住宅では標準採用されている設備にたくさんの変化がある会社も多いのです。

住宅の買い時とはいつか

同じ建築会社で建築した注文住宅でも数年の差で標準採用されている設備に大きな違いがあることもあります。当然時代が進むにつれ設備もよいものが登場します。とはいえ新しいのを待っているのではきりがなくいつになっても注文住宅を建築することができません。 消費増税や社会情勢など住宅を購入するタイミングで支払う金額に大きな差が出ることも事実です。こうした背景に配慮しつつしっかりとライフプランニングを建てたうえで建築主が買い時と判断した時が買い時なのです。消費税が上がれば当然支払う総額はその増税分だけ高額になります。しかし資金計画を立てるうえではローンの金利、税金のローン控除などトータル的に考える必要があるのです。そういった計画をしっかり立てたうえでいつが買い時なのかを見極めることが重要です。